ローヤルゼリーを飲むこととホルモンを投与することは違うこと

ホルモン補充療法は、ガン以外にも副作用が認められています。 例えば、女性ホルモンの影響を受ける、子宮内膜症、子宮筋腫、乳腺症などは、閉経後、ホルモン補充療法を行なうことで、再発する可能性があります。 また、不正出血や、頭


続きを読む
ローヤルゼリーと痴呆の関係

東洋でも西洋でも、老人がふえれば痴呆もふえますから、日本が世界一の長命国(私は長寿国とはいいません! なぜならば、寿という文字はめでたいという意味ですから、植物人間のようになって長く生きていることは、単に長命というべきだ


続きを読む
ローヤルゼリーが役立つ痴呆とそうでない病気

日本人の痴呆は、二つに大別できそうです。そのひとっは、脳血管型でもうひとっはアルツハイマー型です。 その見分け方を、表に示しておきました。そして、このうちアルツハイマー型は、脳内で欠かすことのできない神経刺激伝達物質のア


続きを読む
大量投与または連用中における投与量

●依存性 大量連用によりまれに薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行ない、用量を越えないよう慎重に投与すること。また、大量投与または連用中における投与量の急激な減少、ないし投与の中止により、まれに痙れん、発作、と


続きを読む
もし、ローヤルゼリーが無かったら?

もちろん、そのときはローヤルゼリーと同じ働きを示す新薬を医師は使うにちがいありません。同じ働きとはなにか?現在、自律神経失調症と同じ訴えや症状に使うことが、ローヤルゼリーの中心作用ですから、いわゆる自律神経失調症に効くと


続きを読む
白血球減少に対するローヤルゼリーの効果

ガン患者とそれに対して使っていた新薬の関係、ならびに観察期間について。たくさんありますので、一部を示します。ローヤルゼリーは一日六グラムを朝昼夕と三回に分けて服用させ、投与期間は三~五ヵ月でした。 さて、ローヤルゼリーを


続きを読む
抗癌剤副作用に対するローヤルゼリーの効果

限られた医師のみが、ローヤルゼリーの放射能障害や抗ガン剤の副作用に対して効果のあることを知って、ひそかに使っているとのべましたが、その実例をあげておきましょう。 そのような困った場合がおこったとき、本文を信頼できる先生に


続きを読む
ローヤルゼリーの効果発現の理論

ローヤルゼリーには、アミノ酸も鉄も含まれています。しかし、ローヤルゼリーが低色素性貧血に効力を発揮する理由は、ローヤルゼリーの中のアミノ酸と鉄がその人に不足しているアミノ酸と鉄の補給に役立つからではありません。 ローヤル


続きを読む
ローヤルゼリーの服用例

★第一例- 三十歳の男性 ・低血圧症最近になって、めまい、疲れやすい、動悸がはげしいなどの症状がおこったので、来院した人です。いろいろ検査した結果、低血圧症という診断がつきました。初診時の血圧は上が八四、下が四〇という、


続きを読む
各症状別のローヤルゼリーの有効率

更年期障害、自律神経失調症、貧血、低血圧症の際にみられる症状は、実に各種のものがあります。そこで、それらについて、ローヤルゼリーの効果が、どうであったかを、大谷先生は詳しく調べておられます。これらの症状は、さきの四病名に


続きを読む